解剖終了、試験終了、夏休み開始!

お久しぶりです。

 

 

先日、期末試験と解剖実習を無事終えまして、

 

 

 

夏休み開始しました!

 

いやー、

この2ヶ月間で精神的にも体力的にも本当に鍛えられました。笑

 

部活解剖実習試験にと、色々なイベントが同時に起こってブログを更新することができませんでした。。。

 

 特に解剖実習ですね、自分として成長を実感できたにですが、体力的にきつかったですねー。

 

全国の医学部の学生は全員、解剖実習を行います。

医学部では基本的に1・2年次で基礎医学、3年次以降は臨床医学を学ぶので、解剖実習はおそらくほぼ全大学で2年次にやると思います。(違う大学も中にはあるのかな?)

そして実習はこれまたほとんどの大学で4月ないし5月から始まるんですが、

 

4月というのは時期的にちょうど部活動なんかの勧誘と重なるんですよね。

 

 

意外に思われるかもしれませんが、実は医学部では部活動が結構盛んです。

週に3回から4回練習をして、土日は試合や大会などで遠征する、なんてのもざらです。

 

また、毎年夏には、東日本医科学生総合体育大会(略して東医体)という、医学生のための大会がありまして、

これは体育会系の部活に所属している医大生にとっては1年で1番大きな大会です。そのためほとんどの部活で夏休みは毎日のように練習してます。

中には髪をとかとか奇抜な色に染めて大会に出る人も少なくないです笑(僕も去年やりました笑)

 

あとは、医学部全体として、サークルが少ないというのもあるかもしれないですね。医学部の人は全学サークルに入る人が多いです。

〇〇医科大学とかの単科大学だったりすると、サークルとかは少なく、ほとんどの学生が何らかの部活動に入っているみたいですね。

 

長々となってしまいましたが、こういう背景もあり勧誘活動も結構しっかりと行うので、4月に解剖実習と勧誘の時期が丸かぶりしたのが大変でした。笑

5月になると今度は新入生が入部して部活が普段以上に活発になるので、実習との兼ね合いが難しかったですねー。

 

解剖実習はスケジュール通りに進まないことが多くて、夜10時過ぎまで残らなければならない班もあったりします。そうすると部活の練習に行けなくなってしまったり、部活の後に実習の続きを進めなければならなかったりするので、体力的に結構きついんですよね。

 

授業の内容も専門性を増してきて、本当に暇がない!なんてことになってしまっていました。

 

そんなこんなで5月に意気揚々とブログを始めたのはいいものの、ほぼ2ヶ月間何も更新できないまま夏を迎えてしまったというわけです。笑

 

今後はもっと投稿数を増やしていこうと思っていますので、よろしくお願いします!!

 

以上、matsuでした!